アイデンティティ喪失中。

人生折り返し点を過ぎても日々グダグダしている人が書いてます。インコ飼いで米津さんが好き。

40代求職活動全滅の軌跡2 困ったときの行政サービス!

小松菜で頭をセルフカキカキしているインコ氏。いやそれ孫の手じゃないし。

 

こんにちは。中年です。

さて、40代求職活動全滅の軌跡の続きです。

一人での求職活動に煮詰まったため(前回記事参照)、「東京しごとセンター」に行き登録しました。
こちらは、都が運営している就職支援施設で、各種セミナーやキャリアカウンセリングも全て無料!!!です。
ハローワークは国の事業だそうです。こちらも無料ですね。)

 

ヤング(〜34歳)とミドル(30〜54歳)、シニア(55歳〜)と分かれており、その他にも女性向けや創業サポートなどもあります。

求職の場合は、担当のカウンセラーの方が一人ついてくれて、相談に乗ってくれます。
私の場合は、この方にとてもお世話になりました。愚痴を聞いてくれるだけでもありがたかったです。

 

実はこの事業、都からパ○ナが請け負っているらしく、カウンセラーもパ○ナの方です。
パ○ナといえば、給付金事業で色々取り沙汰されていました↓が 

給付金事業 電通7社に154億円 パソナへの外注費は明かさず:東京新聞 TOKYO Web(別ウィンドウ)

持続化給付金の作業を請け負っていたのは電通とパソナの“トンネル団体”だった! 749億円もの税金が手数料として電通に|LITERA/リテラ(別ウィンドウ)

 

東京しごとセンター」の事業は、いち利用者としては助かりましたよ。
担当の方はいい人だったし、本職の方ですからね。
あと、カウンセラーへの相談はこちらのセンターで扱っている求人以外の、自分で探した他の派遣会社や事業者への応募などについても可能です!
これってかなりすごいです!民間の転職サポート会社ではあり得ないです。
私は、こちらに来る前に登録していた派遣会社での応募も続けていたので、とても助かりました。

 

セミナーも各種開催しているので、「履歴書、職務経歴書の書き方セミナー」に参加し、職務経歴書の書き方には何通りかあり、自分のキャリアにあった書き方を選んだ方が良いと教わりました。

履歴書や職務経歴書の書き方は、本やネットでもたくさんの情報があるので、今までは我流で作っていましたが、どうやら職務経歴書の構成がマズく自己アピールが十分ではなかったようです。

私のように転職経験が多いと、編年体式(古い職歴から順番に記載)だと長すぎてしまうため、キャリア式(職務内容ごとにまとめる)の方がアピールしやすいと気づきました。

 

そこで、今までの職務経歴書を書き直してからいくつか応募したところ、見事内定をいただくことができました! ( ´▽`)♪

 

なんと同じタイミングで2件! 1件しか選べないのに〜〜〜〜!
なので、迷わず時給が高い派遣に決定www

 

実は「東京しごとセンター」で申し込めるお仕事は、派遣ではない直接雇用なので時給はあまり高くないです。
ただ、正社員募集や、正社員登用可のアルバイト等が多い印象です。

今回私が「東京しごとセンター」経由で申し込んだお仕事は、時給が低めだったのが最初から気になっていましたが、余りに心が折れて自信がなくなっていたのと、業務内容が少し面白そうだったので申し込んだものでした。
結果、先方にも気に入られ内定も頂きましたが、時給は交渉できなかったのであえなく辞退。

同タイミングで申し込んだ派遣のお仕事がトントン拍子で進んだので、そちらにしました。

 

さて、こんな感じで求職活動全滅期がやっと終わったのですが、まとめると

  • 「たかがパート(や派遣)」の応募でも、全力で取り組むことが大事
  • 行政や他の人の助けを借りる

 

ことに尽きますね。
セミナーに行って職務経歴書の書き方を変えたり、カウンセラーに相談しなかったら、いまだに希望の職に付けていなかったかもしれないので、困ったときは外に助けを求めましょう!

 

そういえば、以前にもハローワークにお世話になっていたのでした。行政サービスありがたいわ〜。(以前の記事↓)

11 雇用保険はすごい(再就職手当をもらう)! アイデンティティを喪失するとどうなるか?

 

 

東京在住で求職する時は利用をお勧めします!色々無料だし。 

www.tokyoshigoto.jp

 

 

前の記事はこちら↓

40代求職活動全滅の軌跡1

 

 

不惑なのに悶々としていた頃 カテゴリの記事一覧