アイデンティティ喪失中。

人生半ばで今までのアイデンティティをどっかに落としたようです。せっかくなのでやりたかった事を色々してますがどうなることやら。

「人生を変えたければ「休活」をしよう!」を読んでみた

「人生を変えたければ「休活」をしよう!」(大田正文 著/サンマーク出版)を読みました。

 

人生を変えたければ「休活」をしよう!

 

タイトルの「休活」に惹かれて手にとったのですが、実は私「休活」の意味を早とちりしてました。

 休活 → しばらく、色々なことを”活動停止”にする

と思ったんですが、違いました。

この本のいう「休活」は、土日・祝日といった休日を有意義に過ごすと、人生好転しますよ。という意味でした。
よくよく考えれば、色々なことを”活動停止”にしてしばらくゆっくりできるのなんて、宇多田ヒカルさんくらいなもんですよね。
そんな一部の特別な人向けに本を書いても売れるわけないので、違いますね。

ひと財産稼いだわけでも無いのに色々なことを”活動停止”にしている私も、想定読者ではないのですが、一応きちんと読みました。

 

***

 

著者は、ご自身の体験をもとに 「休日を「自分のやりたいこと」をして過ごすようにしたら、人脈や仕事の幅が広がって人生楽しくなった」 ということを書かれています。
本のなかでは

  • 「自分のやりたいこと」の見つけかた
  • 休日を自由に過ごすためのパートナーとの交渉術
  • 人脈=信用 の作り方

等々、役に立ちそうなことがたくさん書いてあり、結構盲点になりそうなことも丁寧に説明してあります。
例えば、「休活」をするためのパートナーとの交渉については5つの秘訣を示しています。

秘訣1 休活で何をしたいか、お互い話し合う
秘訣2 週末に自分が家族に果たす役割をパートナーにあらかじめ宣言する
秘訣3 パートナーを休活に巻き込む
秘訣4 パートナー側の休活に飛び込んでみる
秘訣5 子供も一緒に休活を考える

5章 休日に「健康」と「家族の絆」をつくる

 

全くもって正しいですね。
週末を全て自分の楽しみに使って家族をないがしろにして、挙句の果てに離婚されたりする人(男性に多い)とは大違い。
この著者は「超・愛妻家」という肩書きもお持ちだそうなので、このような秘訣を持っているのも納得です。

 

2010年に書かれたこの本を読む限り、著者は大変充実した毎日を過ごされているようだったので、著者紹介にあったブログを拝見しましたが、最終更新は2016年のようです。

私は2017年にこの本を読んだのですが、著者さんの最近の動向が気になります。ツイッターもフォローしておきました。

 

著者のブログやツイッターをみたりするなど、少し前では考えもしませんでした。
最近、私もやっと新しいことを始めようという気になってきたので、ちょうどいいタイミングでこの本と出会えたかもしれません。

少し前はもっと腐っていたので、読んでも「ケッ!」という感想しか持てなかったかもしれないwww。。

 

Kindle版もあります。

人生を変えたければ「休活」をしよう!

 

 

主にアイデンティティや心に関する本について。読んでみた の記事一覧