アイデンティティ喪失中。

人生半ばで今までのアイデンティティをどっかに落としたようです。せっかくなのでやりたかった事を色々してますがどうなることやら。

「こころとお金のコーチング」を読んでみた

「こころ と お金 のコーチング」(吉川 美有紀 著  山下 雅彦 監修/講談社)を読みました。
サブタイトルが「女性のための人生設計塾」とあったので、あら必要。と手に取りました。

こころとお金のコーチング

 

著者はとある会社の代表取締役という肩書きですが、プロローグで衝撃的な半生が語られています。
ざっくり言うと、金銭的に余裕のある専業主婦だったのにホームレスにまでなってしまって、その後がんばって一発逆転しました。という話ですが、その経験を元に独立開業された方のようです。

 

で、著者がクライアント(全て女性)の「こころ」と「お金」の両面から支援した7つのケーススタディが紹介されています。
女性と一口に言ってもライフスタイルは様々なので、読んでいる方は1つは自分と近い境遇のクライアントのケーススタディを見つけられる感じの構成になっています。

確かに女性が生きていくと、どうしても結婚やら子供の有無で人生大きく変わってしまいますからねぇ。

 

ケーススタディは「コーチング」と「ファイナンシャルプランニング」で「こころ」と「お金」の問題解決を支援するというスタイルだそうです。

本書によると、著者が行うコーチングとは

 

「傾聴」と呼ばれる聴くスキルを使い、クライアントの可能性を最大限に発揮することを目指し、クライアントが自ら望む目標、人生の実現をサポートします。
第一章 コーチングとファイナンシャルプランニング

 

だそうです。
ケーススタディの中にも出てきますが、「目標はなんですか?どんな人になりたいですか?」と聞かれて即答できる人ってそんなにいない気がします。。。。
そんな場合でも、その人の目標やなりたい人物像などを一緒に探る手伝いをしてくれる感じですかね。

コーチングで自分の目標ややりたいことがはっきり分かったら、それを実現するためにファイナンシャルプランニングでお金の相談にも乗ってくれるという。。。あら便利


自己啓発本のつもりで読んだら、結構具体的な感じの本でした。
著者が代表を務めている会社も色々と活動しているようなので、コーチング受けたくなってきました。
本を手にとって読んでもらい、実際のサービスを申し込ませるという、よくある感じの流れにまんまと乗っかりそうになっていますが、自分で納得できている場合はこういうのもいいかな。

 

Kindle版もあります。

こころとお金のコーチング 女性のための人生設計塾

 

www.libera-cc.co.jp

 

主にアイデンティティや心に関する本について。読んでみた の記事一覧