アイデンティティ喪失中。

人生半ばで今までのアイデンティティをどっかに落としたようです。せっかくなのでやりたかった事を色々してますがどうなることやら。

「こうして、思考は現実になる 2」を読んでみたー世の中は思い込み、らしい

引き寄せの法則をあつかったベストセラー「こうして、思考は現実になる」の続編です。
「こうして、思考は現実になる 2」(パム・グラウト 著、桜田直美 訳/サンマーク出版)の方は、より深く世界やお金についての話があり、前作同様9つの実験も入っています。

 

こうして、思考は現実になる 2

 

こちらの続編では、世界の大嘘お金についての嘘が書いてあります。これ、目からウロコ落ちます。
私はこれを読んで、驚いたのとホッしたのが混じり合った複雑な気分になりました。

 

私たちが「現実」だと思い込んでいるこの暗くてつらい世界は、私たちの「ネガティブ」な気持ちが創造したものだ。
第1章 世界の「大嘘」を見抜き、思い通りの世界を手に入れよう

 

ですって!

正直、にわかには信じ難いですが、楽しそうなので絶賛信じる努力中です。
信じ難いのですが、似たような内容を神道関係の本でもみたことがあります。神道でも、神様は目に見えない存在ですしね。

 

そして最近では常識も

  • 地球外生命体は いるか/いないか ではなく、いつ見つけられるか?が問題
  • 量子の世界では、2つの状態が同時に存在する

とか、少しずつ変わってきているので、スピリテュアル的なこともアリかもな。と思ってます。
人が知覚できるモノだけで世の中が構成されているとは限らないし。

 

素直に読めば、ワクワクできて楽しい本なので周りを気にせず信じた者勝ち!ではないでしょうか?←自分に言い聞かせています。

 

 

Kindle版もあります。

こうして、思考は現実になる(2)

 

 

主にアイデンティティや心に関する本について。読んでみた の記事一覧