アイデンティティ喪失中。

人生折り返し点を過ぎても日々グダグダしている人が書いてます。インコ飼いで米津さんが好き。

40代求職活動全滅の軌跡1 定年後のお父さんと同じかも?!

飼い主の苦悩を全く気にしない我が家のインコ氏

 

こんにちは。中年です。

私の不惑もそろそろ終わりなのですが、40代のビジネスキャリアがモノの見事にダメだったので、記録しておきます。

コレって、定年退職したお父さん達のその後を20年前倒しで経験したのではないかと思っています。
全力ではないけれど、それなりにがんばってきて突然正社員でなくなり、まーなんとななるかぁと思っていたらなんともならなかった!という。。。

 

という訳で、これから定年を迎える男性ビジネスパーソンや、中年以降に会社やめよっかなとお考えの方々、心してお読みください。

 

さて、私の場合は40代前半でダンナ氏の海外赴任の帯同から戻ってきて、パートはいくつかやっていたものの、ほぼ最低賃金だったり軽作業メインだったりと自尊心が保てないというモヤモヤを抱えながら、もう少し頭を使って時給も高めのお仕事を探すも全滅という感じでした。

今まで通りの求職活動で全滅した訳ですが、どんな風に落ちたかというと

 

  • 派遣会社でのサポート
    大手派遣会社の内勤事務(社員のサポート)というお仕事。
    求人サイトから申し込むとするっと書類選考を通り、面接もとてもよい感じで進みました。

    ですが!
    面接終盤、「で、いつから来れますか?」の質問に、「まだ就業中なので・・・(と、来月のシフト提出期限などを説明)」と答えた途端、担当者さんの態度が一変!
    撃沈しました。
    でもこれ、パートの募集だったし、決まったらすぐに(その時就業中のパートを)辞めるつもりだったのに、何がダメだったんだろう?
    大手だったから「ウチで働くなら準備万端(絶賛求職中!)の状態で来なさいよ」って意味だったんでしょうかね?謎。

  • 業界誌のような出版物を出している会社の事務
    こちらは自社サイトに掲載していた求人情報の応募。
    すぐに面接。またもやいい感じ。
    いい感じだったので、ウェブサイトのメンテ等、募集内容以外の業務にまで話は進み、「御社では、まさか起こらないと思うのですが・・・」という前提で、以前起きたややこしい話(* 過去記事参照)をしてみました。
    その上で、「待遇(時給)を再考していただけるなら、通常業務に慣れたあと、ウェブ関連の業務も担当することは可能です」とアピール。担当者さんも乗り気で、やんわりと待遇の再検討もしてくれそうな雰囲気でした。で、「週末までには結果をお知らせします」とのことでした。

    が!
    週が明けても連絡は来ず、催促をしたら速攻でお祈りメール(不採用)が届きました。なんなのよ全く。
    以下推測ですが、恐らく面接担当者さんが上の人に報告した際に
    「ウェブもできるなら、(提示している)待遇でやらせれば良いだろうが!(なんで、待遇の再検討なんて話に乗っかったんだ)」みたいな意見が出たのでしょう。または「そんな偉そうな奴はいらない」だったかもしれませんが。
    で、担当者さんは悩んだか、上と交渉したのかは知りませんが、ダメでした。


ここまで来て腐り始め、しばらくは粛々とその時やっていた軽作業のパートを続けていました。

が、コロナで1.5ヶ月ほど来ないでくれとなり、有給を使ってステイホームとなりました。で時間を持て余したのでまたも仕事探しを開始。

以前登録してそのままになっていた主婦向けの派遣会社を思い出し、気になったものにいくつか応募しました↓が、こちらも全滅!

 

  • ちょいIT系のお仕事 ×2
    派遣会社に掲載されていた、エクセルやパワーポイントを使ったり、HP関連業務が含まれているようなお仕事に2件申し込んでみました。
    どちらも撃沈! 
    こちらの2件とも、申し込んだ次の日の午前9時台に不採用通知がきました!えげつないわ〜

 

あとで気付いたのですが、最近の派遣のお仕事ってまずは派遣会社側が応募者を事前に審査しているんですね。
(4年前にも派遣経由でお仕事をしたことがありますが、その時よりも事前審査が厳しくなっている印象。)

つまり私の場合は、派遣会社側の採用担当者が出社して応募者を確認し真っ先に落としたってことです。
求職した会社の担当者まで情報が行っていない可能性もあるかも。


と、もはや清々しいくらいに全滅していました!
実はここにあげた応募先には共通点があります。

  • 週3〜4、1日5〜6時間の勤務
  • 時給1500円以上
  • PC作業がメイン

自分の状況や自尊心を保てる条件を考えると、これが外せない条件でした。
全滅しましたが。

 

改めて、今までの全滅の理由を考えると

  • 2020年、派遣のお仕事は(派遣会社側の)事前審査が結構厳しい!
    大抵の派遣会社は、営業担当と派遣登録者(求職者)フォロー担当に分かれており、求職者が応募するとまずは営業担当が応募者をチェックします。そして見込みがありそうな応募者にtelをかけて詳細(意気込みやこれまでのスキル・経験)をヒアリングします。
    なので、たかが派遣。と思って応募時のPRに一般的なこと(「御社で今までの経験を活かしたいです」といった感じ)を書くと、確実に落ちます!
    (2016年に派遣で働いた時にはこのような事前審査は無かったので、ここ数年で変わったのでしょうか?? これに気づくのが遅かったので、私は全滅していました)

  • パート(自社採用)でも、ぬるい感じだと落とされる
    自社採用でも「たかがパート」と思って応募すると、(書類審査で通っても面接で)落ちます!
    面接では、「どうしても御社で働きたいんです!」という熱を見せた方がいいです。
    個人的には「ってもパートだけどな、私。」と思っていても、面接時には
    全力で隠しましょう。

 

今って、人が足りない状況かと思っていたのですが、なぜか求職戦線は厳しくなっている感じです。中年だからかもしれませんが。


さて、このように全滅続きで悶々としたまま40代も後半となり、かなり煮詰まってきたので、他の人の助けを借りることにしました!
まずは、無料のキャリアカウンセリングなどを調べました。↓

success-job.jp

 

民間企業でも結構やっています。

 

この中から、「東京しごとセンター」なる場所へ行ってみました。こちらを利用して、やっと全滅から抜け出せました!

次回はこの「東京しごとセンター」を利用したお仕事探しです。

 

www.tokyoshigoto.jp

 

 

次の記事はこちら↓

 

40代求職活動全滅の軌跡2

 

 

不惑なのに悶々としていた頃 カテゴリの記事一覧