アイデンティティ喪失中。

人生半ばで今までのアイデンティティをどっかに落としたようです。せっかくなのでやりたかった事を色々してますがどうなることやら。

「シャネル・ピグマリオン・デイズ 室内楽シリーズ」に行ってきた

どうもこんにちは、中年です。

週末に銀座のシャネルにある CHANEL NEXUS HALL でやっている、シャネル・ピグマリオン・デイズ 室内楽シリーズ♪の11月分に行ってきました!

>詳細はこちら(別ウィンドウ) 

もともと、シャネルは若手アーティスト発掘のために「シャネル・ピグマリオン・デイズ」というコンサートを定期開催しており、こちらには何度か足を運んだことがあります。

で、「シャネル・ピグマリオン・デイズ」に出ているアーティストの方々が共演する機会として、年2回「シャネル・ピグマリオン・デイズ 室内楽シリーズ」というのも開催しているそうです。
室内楽シリーズは今回初めて行ってみました!

シャネル銀座ビルディング4階の CHAEL NEXUS HALL が会場です

で、なんで行ったのかというと

抽選で当たったから。これだけです。


「シャネル・ピグマリオン・デイズ」も室内楽シリーズも、12月に行なわれるグランドフィナーレも全てタダなんです!
もちろんシャネルの顧客でなくても申し込めます。抽選に当たれば行けます。
同伴者ももちろん無料です。(申し込み時に人数を申告します。2名くらいまでOK)

ちなみに、 CHANEL NEXUS HALL で開催される他のイベント(写真展とか)も無料です。なんて太っ腹!

私はクラシックファンではないのですが、クラシックが分かったら楽しそうだな💕という淡い願望があり、時々応募して当たると行っています。
実は作曲家や曲名をいわれてもあまりピンと来ないのですが、やはり目の前の近い距離での演奏は素晴らしいし、若手とは言え素晴らしい経歴をお持ちの方々なので、毎回ウットリして聞いています。
同じ楽器でも演奏家の個性の違いも楽しめます。

毎回小冊子が付いており、曲目の紹介や、アーティストの経歴などが載っているのでこちらも参考になります。

今回はプレトーク資料・室内楽シリーズの冊子・ピグマリオンデイズの冊子と盛りだくさんでした。

今回は室内楽シリーズという複数アーティストの共演だったので、いつも行っている「シャネル・ピグマリオン・デイズ」シリーズと少し違ってなかなか面白かったです。
かつ、事前に”当日の演奏をより面白く聴けるようになる「プレトーク」”もある、というおまけ付きでした。

プレトークは音楽ライター・ラジオDJの小室 敬幸さんによる曲目紹介なのですが、クラシック素人が聞いても面白いお話でした。
今回はメンデルスゾーンの曲だったのですが、彼の名字や家族の信仰などの話から始まり面白かったです。
演奏曲は実質的なデビュー作と言われる14歳で作曲したピアノ四重奏曲と、亡くなる2年前に書かれた弦楽五重奏曲だったので、聴き比べのポイントなどもありました。

事前にそういう情報をいれてから聞くと(素人なりにも)より楽しめるので、終わってから”やっぱり弦楽五重奏曲の方が重厚さがある”やら、”ピアノ四重奏曲は幼さもある感じ”やら、もっともらしいコメントを同行者と好き勝手に言い合う。という楽しみ方もできました。

あと!なんと終わったあとに、お飲み物🍷(シャンパンかスパークリングワインらしきものとペリエ)のサービスがありました〜!
私たちは次の予定があったので残念ながら頂けなかった😭のですが、アーティストの方とのお話や写真撮影も可能だったようです。
こういうところで、お気に入りのアーティストを見つけて長く応援するのもアリですねぇ。ブルジョア臭がすごいですが www

 

予算があれば、このコンサートの前か後にシャネルの店舗にも寄って・・・なんてことができれば良いんですが、店舗はなかなか遠い(心理的に)。。。。同じビルですが。

室内楽シリーズ冊子に挟んであったシャネル女史のお言葉しおり。無為に生きていてすいません・・・

 

申し込みはこちら↓のサイトからできます。

chanelnexushall.jp

 

>行ってみたい場所に行ってみます。行ってみた の記事一覧

 

 

 

住民票に旧姓を併記してみた!

どうも、中年です。


結婚してからたいぶ経ちますがいまだに旧姓に愛着があるため、この度住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令平成31年11月5日に施行されたので、早速住民票に併記する手続きをしてきました!

参考:総務省のページ

 

結論を言うと、職員の方も不慣れなようで結局2時間近くかかりましたが取れました!
住民票に旧姓が載っていると、旧姓で本人確認ができるようになります。きゃー嬉しい!

ン年前、結婚した時はまだ会社員だったので
「(結婚して)名字変わりました〜うふふ」という気分がないわけでは無かったのですが、やっぱり旧姓がいいですわ!

 私の場合は「都内某区にて」「本籍地も同じ区」というパターンだったので、この場合の記事を書いてみます。

 

まず手続きに必要なものは

  • 個人を証明できるもの(パスポートや免許証 といった写真付き証明書)
  • 戸籍謄本(旧姓がわかるもの)
  • マイナンバーカードまたは通知カード
  • 各種証明書の発行にかかる代金

また、旧姓での印鑑登録をしたい場合は

  • 旧姓の印鑑

も必要です。(印鑑登録は必須ではないです)

 

で、自分が行く役所のホームメージ等でどこで手続きをしているかを確認し、指定の窓口へ行きました。

住民票の窓口での案内係りの方とのやりとりはこんな感じです。

私)住民票に旧姓を併記したいのですが・・・

案内係り)旧姓がわかる書類お持ちですか?

私)ないです。

案内係り)じゃああちらの窓口で戸籍とってください。

という訳で、まずは戸籍謄本を取得しました。

 

で、住民票の窓口に戻って案内係りの人に再度同じことを言うと

案内係り)それでしたら、あちらの窓口(戸籍とったところ)で承ります。

ということで戸籍の窓口に行き、同じことを尋ねました。

 

私)住民票に旧姓を併記したいのですが・・・

[戸籍の窓口]案内係り)でしたら、あちらの窓口(住民票の窓口)です。

私)今行ったら、こちらでやれと言われてきました。

[戸籍の窓口]案内係り)あ、そうなんですか?!で、ではこちらの番号札でお待ちください

私)(戸籍の窓口で発行してくれるなら戸籍謄本いらないのでは・・?)

みたいなやりとりがあり、その後何人かの職員さんに同じことを尋ねられ、同じことを答え、結局は住民票の窓口で対応することが判明しました。

・・・と、ここまで戸籍とってから25分ほどかかりました。

 

その後、住民票の窓口で受け付けしてもらうのに待ち、発行してもらうのに待ち・・・・・と、だいたい2時間弱かかってやっと終わりました!

フォーマットは自治体ごとに違うかもしれませんが、旧姓併記されました!

 

区役所内には旧姓併記のポスターがベタベタ貼ってありましたが、施行の次の日では職員の方への周知はイマイチだったようです。まぁそんなに多数の人がやる手続きでもないでしょうし。

 

受付時には、マイナンバーカードまたは通知カードにも一緒に変更するので、それ用の申請書も一緒にだします。(この申請書は窓口の方が出してくれます多分)

また、いくつか注意事項を言われました(職員の方がマニュアル見ながら)。

  • 今後は、本人の申請がない限りずっと住民票(やマイナンバーカード等)には旧姓が併記される
  • 海外に行く(居住する)場合は一旦チャラになり、帰国後改めて申請が必要
  • 旧姓での印鑑登録も可能
  • 再度姓が変わる場合は、本人の戸籍謄本等に記載されている過去の氏の中から1つを選んで併記することができる(好きな姓を名乗れるわけではない)

だそうです。

マイナンバー通知カードでも大丈夫です!

 

今回やってみて、ポイントとしては

  • 職員も慣れていない可能性があるので、予定が何もない暇な日に行く
  • 本籍地が遠い場合は、先に戸籍謄本を取っておく
  • 旧姓で印鑑登録したい場合は、旧姓の印鑑も持参

といったところです。職員によってはよくわかっていない方もいたので、自分でもある程度調べ、時間がたっぷりある時に行きましょう。

 

あと、これからご結婚される方には

旧姓に愛着があるなら、銀行口座や免許証の名義は変えなくてもOK!
(戸籍上は今のところどちらかの姓になりますが、住民票に旧姓併記ができるので旧姓のまま個人の証明できます)

とお伝えしておきます。
銀行口座、クレジットカード、免許証 等々、、、実際名字変えると相当面倒だからな!
しかも今までの自分がなくなったような気がするし(そうじゃない方もいるとは思いますが)。

 

今回の変更は、あくまでも旧姓”も”使えるという措置なので、選択的夫婦別姓制度を希望する人には物足りないかもしれませんが、私のように「通称として、旧姓を使いたい」と思っている人には良いと思います。

あと2019年時点ではパスポートのICチップには旧姓の情報はいられないそうなので、パスポート情報は新姓のみです。

・・・とはいえ、これから銀行・証券口座・クレジットカード・NISA口座 等々を全て変えるかどうかは、まだ検討中です。。。
せっかく住民票に旧姓いれたのに、旧姓対応は「銀行次第」ってことみたいですしね。

 

参考:

this.kiji.is


あ〜あ、こりゃ確かにガッカリですわ。。。
でも銀行ごとに対応が異なるようなので、チャレンジしてみようかな。

 

 

カイゼン カテゴリーの記事一覧 - アイデンティティ喪失中。

 

 

 

「カルティエ、時の結晶」展で目の保養をしてきた。

さて、夏に家(中古マンションですが)を買ってからバタバタと季節が過ぎ、いつのまにか少し涼しくなってきたので久しぶりに乃木坂まで足を伸ばし、国立新美術館でやっている「カルティエ、時の結晶」展を見てきました。

綺麗なモノが好きなので、宝飾品が見られる展覧会はよく行きます。日常ではまずお目にかからないような文字通りの「お宝」の数々が間近に見られますしね❤️

国立新美術館は千代田線の乃木坂駅から直結しているので行きやすいです。六本木からも歩けます。
カルティエ、時の結晶」展は2階です。美術館に入る前にチケットは買いましょう(というアナウンスをしているスタッフが館外に立ってます)。

入り口で無料の音声案内用スマホを貸し出してくれるので、操作の説明を受け中に入ります。
全体の構成は

  • イントロダクション
  • 序章 時の間 ミステリークロック、プリズムクロック
  • 第1章 色と素材のトランスフォーメーション
  • 第2章 フォルムとデザイン
  • 第3章 ユニヴァーサルな好奇心
  • カルティエアーカイブ ルイ・カルティエの好奇心

となっています。
今回は1970年代以降の現代作品が多いそうですが、もう一つビックリなのが個人蔵の作品が多いこと!
だだ誰がこんなにもキラキラして巨大な宝石がついてずっしり重そうなジュエリー買えるんでしょうか????
人種が違うのでしょうなぁ。

 

カルティエ ネックレス1

(多分)個人蔵ですよコレ。車より高そう。。

 

こんな時しかお目にかかれない、ギラギラ✨キラキラ✨したジュエリーがどっさりありますよ。庶民にはありがたい限り。

あと、会場構成を手がけるのは新素材研究所というところだそうで、ジュエリーの展示がとっても素敵です。キラキラのジュエリーと自然素材の組み合わせが新鮮でした。

 

さて、最初の「時の間」という場所にはミステリークロックが展示されています。
ミステリークロックとは、針がまるで文字盤の中に浮いているように見える置き時計で、確かにムーブメントが見えません。その上ダイヤモンドやらオニキスやらで繊細な装飾が施されているので、”ただの時計じゃない”感が半端ないです。一見して高そう!

 

第1章〜第3章は期待通りのキラッキラ✨のジュエリーがてんこ盛りです!
ネックレス、ティアラ、イヤリングなどなど・・・
カルティエのシンボル、パンテール(豹)モチーフのジュエリーもどっさり!
特に「ガーランドスタイル(花手綱様式)」(植物や花飾りモチーフの繊細なもの)や、「トゥッティフルッティ(フルーツづくしの意)」(様々な色石に木の葉、花、果実を想像させる彫刻がほどこされたもの)はデザインも可愛くてテンション上がります🎵

カルティエ ブレスレット1

デザインが可愛い!

カルティエ ブレスレット2

フルーツモチーフ!可愛すぎ。

パンテール(豹)モチーフや動物モチーフのジュエリーも精巧だしキラキラだし見ていて楽しいです。

カルティエ ブローチ

こんなのもありました。

 

おまけに、「第3章 ユニヴァーサルな好奇心」の作品はなんと撮影可!
さすがカルティエ太っ腹〜!なので写真撮りまくりました。
撮ってどうする。という気もしましたが、とりあえずこのページにあげときます。
興奮して作品のみを激写したため、どれがどれやら分からない(作品リストにも「リング」「ネックレス」との記載しかないものが多く作品番号がないと照合できなかった)のですが、まぁキレイだったよということで。

 

・石が大きくて重そう!というシリーズ ←以下、私が勝手に分類しています。 

カルティエ ネックレス2

カルティエ ネックレス3

カルティエ ネックレス4

カルティエ リング

カルティエ ネックレス5

きれいだけど肩こりそう。

・ティアラ!(ダイヤのものは作品リストでは「ヘアバンド」だそうです)

カルティエ ヘアバンド

カルティエ ティアラ

ティアラ!ティアラ!ルビー入りのものはモナコ大公宮殿コレクションだそうです。

・アニマルモチーフ。パンテール(豹)は撮影可エリアにはあまりなかったので会場でご覧ください

カルティエ ジュエリー1

カルティエ タイガー ジュエリー1

カルティエ ブレスレット3

カルティエ タイガー ジュエリー2

カルティエ タイガー ジュエリー3

トラジュエリー

・こんなアニマルたちもいました

カルティエ ネックレス6

カルティエ ネックレス7

カルティエ スネーク ネックレス

カルティエ スネーク ブレスレット

カルティエ ネックレス8

カルティエ ドラゴン

カルティエ ネックレス9

カルティエ 鳥モチーフ

トリはいいけど、爬虫類は・・・

・フラワー、フルーツモチーフ

カルティエ オーキッドブローチ

カルティエ ネックレス10

カルティエ イヤリング

カルティエ ブレスレット3

自然モチーフいろいろ

 

最後の「カルティエアーカイブ」は、豊富なデザインの源泉となった様々な資料が展示されています。
日本の浮世絵もあるし、各国の旅行の写真、各種装飾様式の図版やデッサン、ジュエリーのデザイン画、等々。
特にジュエリーのデザイン画はそれ自体も美しく、レプリカでいいから欲しいくらいでした。
(着色されたデザイン画にカルティエのサインがプレスされており、それが額装されている!かっこいい!)


久しぶりの目の保養で、幸せな時間を過ごした秋の1日でした🎵

cartier2019.exhn.jp

 

 

>行ってみたい場所に行ってみます。行ってみた の記事一覧