アイデンティティ喪失中。

人生半ばで今までのアイデンティティをどっかに落としたようです。せっかくなのでやりたかった事を色々してますがどうなることやら。

ザ・プリンス さくらタワー東京に再訪してみた 3-スパとブロアバス(泡風呂)

ザ・プリンス さくらタワー東京 に宿泊しました。
このホテルは、地下1階にあるフィットネスとブロアバス(泡風呂)は宿泊者は無料で利用できるのが嬉しいです。私はもっぱらお風呂のみの利用ですが。

スパも同じB1Fにあり、こちらは事前に予約が必要です。
スパのあとにブロアバスを利用したいときは、お風呂の営業時間(23時まで、最終受付は22時)も想定して予約しましょう。


筆者のような、初心者さんがホテルスパに行く時気になることを以下にまとめておきますね。

 

Q どんな格好で行くの?
A ザ・プリンス さくらタワー東京の場合は、B1Fで着替えができるので普通の服でOKです。(フィットネスをする場合は自前のウェアで行くか、レンタルウェアとシューズを借りましょう(1,080円))

 
Q サウナ&ブロアバスだけの利用もできる?
A できます。
タオルやシャンプーも備え付けのものがあるので、ルームキーだけ持ってB1Fで受付すれば利用できます。
ザ・プリンス さくらタワー東京に宿泊している場合は、エレベーターフロアの奥のエレベーターがB1F直結なので、お部屋からバスローブやスリッパで行くことが可能です。
(※素泊まり等、プランによっては無料で使えない場合もあるので予約時はプラン内容をご確認ください)

ザ・プリンス さくらタワー東京 ブロアバス1

宿泊フロアのエレベーターホール。奥のエレベーターがB1F直行です。

B1Fにはスパ以外にもゆっくりできるスペース(リラックスラウンジ)があるので、お風呂上りはそこで休憩もできます。

 

Q ブロアバスってどれくらいの広さ?
A いわゆる「大浴場」というほどではないですが、お部屋のジャグジーよりは広いです。3〜4名が一緒に入っても気にならない感じです。
(女性用は洗い場が5席ほど、ミストサウナ、ドライサウナ、ブロアバス(泡風呂)があります。)


Q フィットネス用のウエアのレンタルはある?
A レンタルシューズ・ウェアがあります。(1,080円)
靴下は販売のみがあるようです。

 

***

 

さて、B1Fに着くとフィットネスエリアの入り口に受付があるので、ここでルームキーを提示して受付を済ませ、カードキーやスパ用のウェアなどをもらって着替えのためにロッカー室へ。
ロッカー室には、受付でもらうカードキーがないと入れません。
ロッカーの施錠にもカードキーが必要(ロッカーのドア内側にカードキーを差し込む)なので、まずは受付に行きましょう。

ザ・プリンス さくらタワー東京 ブロアバス2

女性用ブロアバス&ロッカー室の入り口。ドア右手にカードキーをかざして入ります。

スパ利用の時はまずこのロッカー室でスパ用のウェアに着替えをし、フロア奥のスパ施設に向かいます。この時は用意されているスリッパでOK。
(貸し出し用ウェアの中には使い捨てのショーツも入っています。私は見逃しましたが・・・)
 

スパでモミモミされていい気分になったら、ブロアバス(泡風呂)へ行きます。
スパ(マッサージ)のあとバスローブのままお風呂に直行できるのって最高ですね!
ここでお風呂がないと、オイルがついたまま一旦来てきた服に着替えて部屋まで戻らないといけないので、ザ・プリンス さくらタワー東京のこの構造は素晴らしい!と感激しました。


しかし、スパで辛いのが、、、
気持ちよくて眠りそうになるのに、寝かせてもらえな〜い! 
ウトウトしてるのに、うつ伏せとか仰向けとか右とか左とか指示されるので、眠りに落ちることができないんですよね。
いい香りをたいて、薄暗いなか優しくマッサージされてるのに。これで眠くならない方がおかしい。
もういっそ勝手に私を転がしてくれませんか?と毎回思います。。。

 

一休.comのスパ紹介ページにリンクします♪

 

「ザ・プリンス さくらタワー東京 に再訪してみた」の記事一覧

1-今回はデラックスツインに宿泊

2-朝食ブッフェ

3-スパとブロアバス(泡風呂)

 

 

前回(プレミアコーナーツインに宿泊)の様子はこちら
1-行き方

2-部屋

3-ルームサービスの朝食

4-お庭(日本庭園)

 


庶民ですが、ラグジュアリー感あるところが好きなのです。泊まってみた の記事一覧

  

平民ですが、たまにホテルレストランに行ったり宿泊したりします。ホテルで食事や宿泊等 の記事一覧