アイデンティティ喪失中。

人生半ばで今までのアイデンティティをどっかに落としたようです。せっかくなのでやりたかった事を色々してますがどうなることやら。

大晦日からのクアラルンプール!マジェスティックホテルに泊まってみた-1大晦日は夕食が大変

 2017年の大晦日から2018年1月2日まで、クアラルンプールに行ってきました。


年末年始休暇に行ったにも関わらず今回は主目的が他にあった(現地にいる友人夫妻に会いに行く)ため、年末年始をクアラルンプールで過ごす!という旅行とは少し異なりましたが、御参考までに今回の宿泊ホテルについて書きます。

 

クアラルンプールの年越しイベントというと「ペトロナスツインタワーの花火&カウントダウン」が有名ですが、これを楽しむのであれば

  • 31日より前にプアラルンプールに入るのがベスト
    (日本からはフライトが7時間前後あるので疲れるし、フライト遅延等の可能性もあるので)
  • ペトロナスツインタワー付近のホテル(部屋からタワーが見えればベスト)に宿泊
    (タワー付近のホテルやタワービューの部屋は早めに予約しましょう)

をお勧めします!

 

ちなみに今回のマジェスティックホテルはどちらも満たさないので、割と直前でも予約できました。
とはいえ、マジェスティックホテルは5つ星で、オートグラフコレクションにも入っているホテルです。

マジェスティックホテル

12月〜3月くらいは雨季なので、こういう曇り空が多いらしいです

今回はジュニアスイートが取れたのでお部屋は素晴らしかったです!

直前に予約したにも関わらずジュニアスイートが取れたのは、今思うと

 《年末恒例の、ペトロナスツインタワーの花火が見えない》

部屋だったというのが大きいのではないかと思います。


このホテルは素敵なんですがツインタワーから近くはなく、ジュニアスイートの窓から花火は全く見えません。爆撃みたいな音だけは聞こえました。
今回の主目的はそれではなかったので、年越しの瞬間はベッドの上でぐったりしていた中年です。
ツインタワーの花火の様子はYoutubeなどに上がっているので気になる方は見てみてください。

 

さて、到着日は夕方5時過ぎ着の便で、そのままKLエクスプレスという成田エクスプレスのような急行でKLセントラル駅に行き、そこからシャトルバスでホテルに着きました。


で、部屋で一休みし夕食を食べようとしても、ホテル内の2件のレストランはどちらも満席。ホテル周辺にレストランやコンビニは見当たらず。
食事したいならバーに行け。とスタッフにアドバイスされ、バーは喫煙かもしれないから部屋でルームサービスにしよう。と一旦部屋で戻るも、ルームサービスは何度かけても繋がらず。
ここら辺で疲れと空腹でイライラし始め、結局バーからルームサービスを頼んでもらいました。
来るまで結構時間かかったなぁ(40〜50分くらい)。

ドラゴンロール

ルームサービスのドラゴンロール。エビフライを裏巻きしてアボカドや魚卵を上に乗せた巻き寿司です。 エビフライは殻付きでしたが、いつもこうなのか大晦日で忙しかったからなのかは不明。


付け合せも見た目を裏切るつまみっぽさです。

ルームサービスは1品の量が結構ある(2〜3人前)ので、いくらお腹が空いていても頼み過ぎないようにしましょう。

このように、大晦日はさすがの5つ星ホテルも人手が足りなさそうなので夕食は事前に予約しておくか、KLセントラル付近などで取る方が良さそうです。

 

結局私たちはレストランで夕食は取りませんでしたが、夕食時は大晦日ということもあってタキシード&ブラックドレスの欧米人カップルさんや、Sex and the cityかよっ!とツッコミ入れたくなるような着飾った女性グループなどをお見かけたので、5つ星ホテルのレストランでイベント時期に夕食を取るというのはそういうことなんだなぁと庶民の私は痛感した次第です。
なので、宿泊と一緒に夕食も取りたい場合は事前の予約とそれなりのドレスアップが必要かと思います。

マジェスティックホテル ロビー

ロビーの風景。クリスマス過ぎてもデコレーションそのままって結構海外あるあるですよね。

 

お部屋とレストランなどについては次のページで。

 

マジェスティックホテルに泊まってみた の記事一覧

1大晦日は夕食が大変

2ジュニアスイートと朝食ブッフェ

 


庶民ですが、ラグジュアリー感あるところが好きなのです。泊まってみた の記事一覧