アイデンティティ喪失中。

人生半ばで今までのアイデンティティをどっかに落としたようです。せっかくなのでやりたかった事を色々してますがどうなることやら。

「こうして、思考は現実になる」を読んでみたー人生は思い通りになる!

10万部を突破した、引き寄せの法則を扱った本「こうして、思考は現実になる」(パム・グラウト 著、桜田直美 訳/サンマーク出版)を読みました。とても興味深い内容です。

 

こうして、思考は現実になる

この本は「人生を思い通りにする力を与えてくれる「エネルギー・フィールド」の存在」とその力の使い方を教えてくる本です。随所に「本当にあった話」があり、にわかには信じられないような話(でも実話!)がたくさん記載されています。
これだけでも面白いですが、それらが起こった人たちは全員普通の人だそうなので、それが実感できるように読者に向けての簡単な実験が9個も入っています。

この実験も結構面白いです。いくつかは私もやりました。
面白いコトにちゃんと結果がでるんですよこれが。

こんな風に、読みながら驚いたり興奮する実験をすすめることができます。


人間は、自分の思い込んだ世界を生きているそうなので、その思い込みを捨てて宇宙の力を信じれば人生変わるらしいです。
この説を100%完全に信じるには、私はもう少し時間が必要ですが、あながち間違ってはいないだろうなと思ったりもします。現に生活が変わりつつある身としては。
割と、「今日運がいい」とか「すごい偶然(セレンディピティ)」とかもありますしね。

 

それに
”人が知覚できないという理由で物事を否定するのは、人間の驕り”
という考えでもあるので、この手の本は色々と読んでます。

人生は楽しい方がいいし、「今これだけ苦しめば明日は楽だ。」的な考え方って最近は支持しないようになりました。年とったせいかもしれませんが。
もちろん時と場合にもよりますが。
でも、楽しい事って苦しみの対価じゃないらしいです。


・・・という文を読んで「えぇぇぇーーーーーーっ?!」と思った方は読んだ方がいいですよ、この本。

 

 

Kindle版もあります。

こうして、思考は現実になる

 

 

主にアイデンティティや心に関する本について。読んでみた の記事一覧