アイデンティティ喪失中。

人生半ばで今までのアイデンティティをどっかに落としたようです。せっかくなのでやりたかった事を色々してますがどうなることやら。

「幸せになる勇気」を読んでみたー運命の人はいないそうですよ。

アドラー心理学の入門書、大ベストセラー「嫌われる勇気」の続編が、この「幸せになる勇気(岸見一郎、古賀史健 著/ダイヤモンド社)」です。

 

幸せになる勇気

本の上に星が散らばっているのは意味はありません。

 

前作の「嫌われる勇気」と同じく「青年」と「哲人」の対話形式ですが、この本では「青年」がブチキレているところからスタートします。前作の最後でアドラー心理学に感化されて理想に燃えていたはずなんですがねぇ。。。

と、「青年」を通して読んだ人が誤解しそうな点について説明しているのが「幸せになる勇気」です。


アドラー心理学の重要なキーワード ”共同体感覚" と "(担保なしの)愛" と "自立" についてが多めに語られます。

あと、「幸せになる」と「勇気」が一緒になっているのがミソです。
幸せになるには勇気が必要だし、運命の人はいないそうです。棚ぼたを待っているだけではダメだってことですね。

「関係」に踏み出す勇気をくじかれた人は、どうするか?「運命の人」という幻想にすがりつくのです。

第五部 運命の人について

 

あぁぁ、耳がいたぁい。。。
こんな感じの説がたくさん出てきますが、納得できるのでこちらも私は好きです。

読みながら、でもでもだって・・・! とケチを付けず、素直に読んで素直に実践できる人になりたいものです。

 

 

Kindle版もあります。

幸せになる勇気

 

 

>主にアイデンティティや心に関する本について。読んでみた の記事一覧